スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介

ドクターとナース

資格を取っておきましょう

2人の整体師

スポーツ整体と普通の整体との違いは、整体をする対象が、スポーツ選手か一般人かということです。スポーツ選手への整体は、その目的が少し違ってきます。一般人な整体は、体の骨や筋肉の流れを正常に戻すことです。スポーツ選手はそのようなことも行ないますが、それに加えて試合までのコンディションの維持であったり、普段からの体調管理といったりする仕事も担います。スポーツ選手独特の体の不調などに整体を通して理解し、選手と一緒に解決するものです。実はあまり知られていないですが、整体師には資格が要りません。その人がお店を開業して、整体師を名乗ればもう整体師なのです。スポーツ整体師も同様に特別な資格は必要なく、スポーツ選手を整体の対象とすれば、整体師として活躍することができます。整体師の資格自体は存在します。整体師を養成する専門学校などが発行している民間資格がそれに当たります。民間資格なので別に取らなくてもいいですが、取っておいた方が働くときは便利になります。というのも、もし整体屋に就職活動などで訪れる際に、独学で勉強した人と学校で専門的な知識を学んだ人がいれば、雇う方は後者を選ぶと思うからです。独学だと足りない知識があったり、知識が偏っていたりする可能性がありますが、整体師の養成学校ではまんべんなく整体に必要な知識を学ぶことができます。また、整体師として開業するときにお客さんの立場になってみたら、独学でやってきた人ときちんと学校で資格を取ってきた人とでは安心感が違うかもしれません。そのため、でスポーツ整体師を目指す方は、できるだけ養成学校などで資格を取っておくといいでしょう。

学校を卒業することが必要

CTスキャン

診療放射線技師になるには国家試験に合格する必要があります。しかし、その受験資格を得るには、診療放射線技師を養成する大学や短大、または専門学校を卒業する必要があります。そこで具体的に技師になるための知識や技術を学びます。

詳細を読む

資格の種類について

カウンセリング

心理学系の仕事に就きたいなら資格を持っていると便利ですが、その資格はいくつかあります。たとえば、医学系の大学院で修士課程を修めれば臨床心理士に、教育学部などで必要な講義で単位を取れば、学校心理士の資格をそれぞれ取れます。

詳細を読む

医療事務のお手伝いとして

PC操作

医師事務作業補助をするドクターズクラークは、お医者さんなどの事務作業のお手伝いをするものです。試験に合格すれば資格を取得することが可能であり、最近では通信教育からでも勉強をすることができます。

詳細を読む

Copyright© 2016 スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介 All Rights Reserved.