スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介

医者と看護師

医療事務のお手伝いとして

PC操作

最近は医療事務アシスタントが人気のある職業となっています。正式名書は、医師事務作業補助者であり、ドクターズクラークとも呼ばれます。仕事内容としては、実際に病院にくる患者を治療するのではなく、医者や看護師が行なう事務作業やデータ入力の手伝いをするものです。事務作業といっても医師事務作業補助の仕事は誰でもできるものではなく、医療や法律関係の知識や技術が必要になります。試験は年6回行なわれているため、受験するチャンスは多いといえます。また、試験場所も基本的には各都道府県が行なわれているため、どこに住んでいても受験することが可能です。試験内容としては、いわゆるペーパーテストとして学科試験と、実践的な医師事務作業補助としての能力を判断するための実技試験があります。実技試験と聞くと、患者を治療するように感じますが、あくまで事務作業のお手伝いなので文章を作成する能力が見られるのです。合格ラインとしては、学科と実技のそれぞれの試験で、7割ほどの正答率があれば大丈夫だとされています。しかし、そもそも試験内容が医学や法学の難しい内容なので。手抜きで勉強して合格できるようなものではありません。なので、きちんと計画的に勉強しておく必要があります。勉強方法は人それぞれですが、忙しい人には通信教育がおすすめです。最近では医師事務作業補助員の仕事の通信教育で勉強することが可能になっており、学校から送られているテキストを難なくこなしていけば、合格ラインに近づくことができます。現在違う仕事をしている方でも、この試験に合格すれば資格を取得できるので、転職することも可能になります。

Copyright© 2016 スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介 All Rights Reserved.