スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介

医者と看護師

資格の種類について

カウンセリング

心理学の勉強をきちんと修めて、資格を持って働いている人のことを心理士やカウンセラーといいます。実はその心理士やカウンセラーになるための資格は一つではありません。文科省が認定した資格から民間資格まで数多くあります。なので、どのような心理士になりたいかによって、取得すべき資格は変わってくるのです。最も権威ある心理学系の資格といえば、臨床心理士です。臨床心理士は医学系の勉強や研究を積まないと取れないものであり、基本的に大学院の修士課程を修了しなければ、とることはできない資格です。そのため、難易度も高く設定されています。臨床心理士になるのは、医学系の大学を卒業し、さらに大学院に進学して、そこで修士課程として数年間研究を続けてようやく取れます。したがって、心理学だけでなく幅広い医学の知識が必要になってきます。それよりも簡単な資格といえば、学校心理士です。これは大学院を修了しなくても、基本的な4年制大学を卒業すれば取得できるものです。しかし、限られた一部の学部を卒業しなくてはなりません。たとえば、教育学部などで心理学系の講義で指定された単位を取得すれば、この資格を得ることができます。これがあれば、学校などでスクールカウンセラーとして活躍することが可能です。しかし、大学の講義さえ出席していれば取れるような簡単なものではなく、各講義を担当する講師陣が出題したテストや課題をこなさなくてはなりません。これら課題をクリアして初めて、学校心理士の資格を取ることができます。

Copyright© 2016 スポーツ整体師は資格を持つと便利です│専門学校や養成学校の紹介 All Rights Reserved.